2014年7月8日火曜日

霊的指導者たちの孤独

◼2014/7/8
◼ヨハン早稲田キリスト教会 モーニングチャペル
◼聖書箇所:一テサロニケ5:12−28

★メッセージ

霊的指導者たちは努力しても周囲から理解されず孤独なことも多くあります。ある病院においてもシフトを決める病棟長はいつも看護師らから文句を言われており、すぐにやめてしまって欠員が生じている状態でした。しかし本当に愛を行い最後に感謝されるのは、ある程度厳しく人を教え諭す人です。小学校でも児童と仲良く遊ぶだけの先生はその時は良いのですが成長すると何も残りません。大人になって挨拶にいく先生は、たいてい厳しく教えてくれた先生です。
東京駅を歩いている人々の無表情を分析すると深刻な精神病者と同じ程度のものだという報告結果があります。クリスチャンはいつも喜び感謝するように聖書で言われています。この東京でも笑顔があふれることを祈ります。
霊的生活の充実のために、清さのために、家族のために祈りましょう。