2014年6月29日日曜日

キリストにおいて満ちあふれる神の恵み

◼2014/6/29
◼ヨハン早稲田キリスト教会 主日礼拝
◼タイトル:キリストにおいて満ちあふれる神の恵み
◼聖書箇所:エフェソ1:3-6

★メッセージ

カリスマのカリスとはギリシャ語で賜物という意味であり、主からの贈り物です。自分の力で得たものではありません。恵みとは驚き、サプライズです。予想もしなかったのに与えられるのです。恵みを知る時に主に戻ります。
主なる神様は天地を造られた方であり命を与え奪うことのできる方です。主なる神様は軽んじられるべきではありません。旧約時代には聖所に入るときには身も心も完全に清めて入りました。そうでなければ打たれて死んでしまいます。主なる神様は畏れ多い方です。
3節にあるように主を賛美してその方に祝福を捧げることです。礼拝でも必ず賛美します。
4節ではさらに大きなサプライズが待っています。天地想像の前から、神は私たちを愛して、キリストにおいて選ばれました。宇宙を動かす原動力は愛です。歌の歌詞のように抽象的なものではなく、実際に働かれているキリストの愛です。この世の天地も動植物もすべて作られたのは、私たちに対する愛のためです。私たちが神様を選んだのではなく神様が私たちを選んだのです。私たちが主を探したのではなく主が私たちを先に探し当てたのです。イエスキリストだけを信じてとどまりイエス様だけに信仰を告白しましょう。主なる神様は清いものですから、清いものとなるように生きて下さい。主なる神様は私たちが清いから選んでのはありません。私たちが罪人であることをご存知ですが、それゆえその罪を贖い清くするために私たちを選ばれました。
5節では、神様は私たちをキリストによって神の子にしようと定められました。私たちの身分が変わり罪人から神の子とされました。古い習慣を捨て新しい習慣を身につけましょう。
6節 神の御子イエスキリストによって輝かしい恵みが与えられていますが、それを体験しましょう。主なる神様を褒め称えるためです。