2014年5月7日水曜日

信仰義認とビジョン

◼2014/5/7
◼ヨハン教会連合 モーニングチャペル
◼聖書箇所:ローマ4:1−12

★メッセージ

第一に、人は信仰によって義とされます。創世記15:5−6において、100歳近くになっても子供ができなかったアブラハムに主はあなたは多くの民の父となることを告げ、アブラハムはそれを信じたので、主はアブラハムを義とされました。自分も妻も高齢で妻の体はすでに子供を宿せない体であると知っていながらアブラハムは信仰を捨てませんでした。ローマ3:24 神の恵みにより無償で義とされるのです。
第二に、割礼は救いとは関係ないことを明らかにされました。旧約聖書で主はイスラエルの民に割礼を施すことで神の民となることを約束しましたが、新約聖書では肉体的な割礼ではなくむしろ心に施す割礼こそイエスキリストの弟子の証であると言っています。
第三に、主は私たちに多くの人々に福音を伝える者となるビジョンを授けられました。創世記17:4 あなたは多くの国民の父となる。アブラハムは弱いものであり一度は不信仰から女奴隷と結ばれてイシュマエルを産んでしまいますが、それでも神様はアブラハムとの約束を守り妻サラから子供を産まれました。今、私が福音を伝えている人たちが、家族や友人や職場の人がすぐに信じないとしても、決して落胆せず信仰を持って聖霊様の導きに従って歩んでいきましょう。