2014年5月29日木曜日

福音が本質的な問題です

◼2014/5/29
◼ヨハン教会 BibleStudy
◼聖書箇所:ローマ14:13−23
◼メッセンジャー:柳廷勲宣教師

★メッセージ

毎日同じことでも日々感謝する心を持ち他人に配慮してチームワークをもって行いましょう。

ローマ14章後半は批判に対しての対象の仕方について言及されています。
今でもイスラム教の信徒たちは豚肉を食べないように、当時も一部の人々にとっては食べ物は非常に重大な問題でした。市場で通常売られている肉は偶像に捧げられたものが多く信仰深いユダヤ人たちは食べないことが多くありました。そして、肉を食べないユダヤ人たちは肉を食べる人たちを批判しました。
食べ物は本質的な問題ではありません。兄弟に対する愛、福音が本質的な問題です。韓国でも世代間の問題が起こることがあります。年配の人はスーツで礼拝に出席しますが、若者の中にはラフな格好で礼拝に出席するものもいます。服装や髪の色についてはある程度までは許容するべきです。ただし、信仰が成長がした者は他の弱い人をまどわさないようにある程度自制すべきです。

18節 キリストに仕える人は、神に喜ばれ、人々に信頼されます。23節 確信に基づいて行動しないこと、自分の決心にやましさを感じる人は罪です。リーダーシップは口先だけの知識から生まれるのではなく、人格から生まれます。自分の弱さも表し反省しありのままに受け入れる人はよく人々に喜ばれます。
13節 つまずき:ギリシャ語でプロスコンバート、怒らせる、壊すというような意味があります。妨げ:ギリシャ語でスカルダルオン、後の英語のスキャンダルという言葉になります。非本質的な問題により本質的な問題を見えなくすることがサタンの働きであり、良い知らせが伝えられず、つまずかせ妨げます。このようなことが罪です。キリスト教会での長い歴史では、この種類の罪がたくさんありました。