2014年5月1日木曜日

ローマ書1章

◼2014/5/1
◼ヨハン教会連合 モーニングチャペル
◼聖書箇所:ローマ1:1−17

★メッセージ

ローマ書では前半は理論、後半は実践について書かれています。主題は福音の確信を説くことです。すべての人には罪がありますしこの世に完全な教会はありません。でも挫折せずにキリストに従って豊かに歩みなさいと教えられています。
ローマ8章では信仰による義について説明しています。私たちは罪人でも主への信仰によって義とされます。
1章前半はローマ書全体の総論です。
サタンは罪が地獄に至るものであることを知っていますが、悔い改めることができません。イエスキリストと出会って信じることができることはなんという恵みでしょうか。
6章では洗礼を例にしながらキリストと共に生きることについて触れています。7章では結婚の観点で書かれます。かつてイエス様と離れていましたが福音を信じてイエス様と一つになったのです。
16、17節が確信です。福音は信じるものすべてに救いをもたらす神の力です。少しも陰りのない完全な力です。イエス様の御言葉を聞く時は帯を締めるつもりでどんなことも逃さないようにしましょう。神の力を知りながら福音を恥とすることができるでしょうか。福音を恥とするのは、間違った考えを持っているからです。