2014年2月26日水曜日

神の国の特徴

◼2014/2/26
◼ヨハン早稲田キリスト教会 モーニングチャペル
◼聖書箇所:マタイ13:51−58

★メッセージ

聖書は一貫して神の国について語っています。神の国の特徴は何でしょうか?天の国には主ご自身がおられ一つも罪がないということです。このような完全な場所に罪人である私たちは入ることはできません。ただ一つ私たちが天の国に入る方法があります。それはイエスキリストの十字架の贖いを通してです。
先入観は恵みの妨げになります。ナザレの人々は、イエスキリストは兄弟がいるのに神のひとり子ということが理解できませんでした。ヨセフとマリアの子供なのになぜ神の子なのかと先入観を持っていたので受け入れることができませんでした。私たちもメッセージを語る先生によって、御言葉を聞く姿勢が変わっていることはないでしょうか?もしそのようなことがあれば悔い改めましょう。そうすれば必ず恵みを得られます。
ヨハネ7:5 兄弟たちもイエスを信じていませんでした。
弟たちも子供のときから一緒に遊んでいたので兄が救い主であるとは受け入れられませんでした。しかし、イエスキリストの復活を通して彼らは変化します。特に弟のヤコブは大きく変わりました。彼はパウロと並んで用いられる者となり、ヤコブの手紙を執筆します。その中で、兄であるイエスキリストはメシアであると告白しました。
イエスキリストは、なかなか御言葉を信じない人をも作り変えて下さると信じます。