2013年11月10日日曜日

蜜よりも甘い御言葉

◼2013/11/10
◼ヨハン早稲田キリスト教会 主日礼拝
◼聖書箇所:詩篇119:97−104
◼タイトル:蜜よりも甘い御言葉

★メッセージ

本文は御言葉に触れることのこのうえない喜びと楽しさを表現しています。まるで恋人と過ごす時間のように、子供がゲームをして楽しむ時のように、神様の御言葉を楽しんでいます。
16節 わたしはあなたの掟を楽しみとし御言葉を決して忘れません。
ヨハン教会の皆さんも御言葉を愛し楽しんで下さい。

この世の中の愛はゼロサムゲームであります。誰かを愛すれば別の誰かへの愛が薄くなります。二人の恋人を同じように愛することはできません。この世の愛は干渉しあう愛です。しかし、聖書の神様の愛はそのようなものでなく、永遠であり平等の愛です。
132節 御顔をわたしに向け憐れんで下さい、御名を愛する者への裁きに従って

ダビデは暇だったから御言葉に触れようとしたのではありません。王であったのでいろいろな事案があり愛に来る人々や内政や外交などで非常に忙しかったでしょう。絶え間無く昼も夜も忙しく仕事をしている間にも神様の御言葉を覚えて口ずさみましょう。
98節 あなたの戒めはわたしを敵よりも知恵ある者とします
御言葉を読むならばわたしたちに知恵が与えられます。ルカ10:21、知恵は学者や身分の高い者ではなく幼子のようなものに与えられました。自分自身の知恵よりも主の知恵の方がはるかに多いことを覚えましょう。インターネットや書籍などから情報を得たことで自分があたかも何でも知っているかのように高慢になっていないでしょうか。それよりも真実で力ある主の御言葉を頼りましょう。私たちの経験、考えではなく、聖霊によって神様の力をいただいて下さい。

御言葉を愛するダビデはその愛の程度を述べています。
103節 あなたの仰せを味わえばわたしの口に蜜よりも甘いことでしょう。
食べ物の美味しさは食べてみないとわかりません。映像や言葉では伝えられません。自分で味わってみないことにはわかりません。神様の御言葉の美味しさ、甘さは聖霊様の恵みで味わってみて下さい。時には苦いことがありますが、それは私たちの罪性に対する霊的な薬でもあります。苦さの後での甘さはさらに引き立ちます。
神様の御言葉は私たちの感覚、本能さえも変えます。私たちの考えだけでなく行いと言葉を変え、人々がそれらはどこから出たものなのかと驚くようになります。