2013年9月18日水曜日

真実な愛の交わり

◼2013/09/18
◼ヨハン早稲田キリスト教会 モーニングチャペル
◼聖書箇所:フィレモン1−16

★メッセージ

フィレモンの手紙は使徒パウロがフィレモンに宛てて書いた個人的な手紙です。オネシモはかつてフィレモンのもとから盗みの罪を犯した奴隷でしたが、救われて悔い改めました。
フィレモンの手紙の主題は真実な愛の交わりです。パウロは牢獄に囚われているときにこの手紙を書きました。私たちがキリストの愛に囚われているかどうか問うています。私たちはキリストと共に十字架に釘付けられたものです。
コイノニア:互いに交わっている状態、6節 愛の交わりが活発になるように願っています。
14節 パウロは使徒ですので命令して服従させる権威も持っていましたが、そうはせずむしろ愛に訴えました。フィレモンに主人としての当然の権利を放棄して愛に訴えるように勧めています。
ただオネシモの罪を水に流すようにしたわけではなく主の真実な愛の交わりをするように勧めました。