2013年9月10日火曜日

最も大切なのは命を保つこと

◼2013/09/10
◼ヨハン早稲田キリスト教会 モーニングチャペル
◼聖書箇所:テモテ一5:17−6:2

★メッセージ

仕事は生活をするために必要ですが最も大切なのは命を保つことです。どんな優れた医者でも命を与えることはできません。命の御言葉を与え主に導く霊的指導者が二倍の報酬を受けるべきと言っているのはそれゆえです。教職者や長老は主が立ててくださったものであり、彼らを尊敬し仕えましょう。マルコ9:41 キリストの弟子だという理由でいっぱいの水を飲ませるものは神の報いを受けます。
当時は奴隷が多い時代でしたので、奴隷と主人との関係について記載されています。恵みのもとにいるクリスチャンたちも社会のルールに従うように言及しています。主に対する献金もするが税金も正しく納めなさいということです。クリスチャンの正しい行いを見て、世の人々がキリストを知るチャンスとなるためです。しかし、この世の命令が主の教えと反する時は、主の教えを守りましょう。聖書を伝えてはいけないと命令されても、あらゆる手を尽くして人々に福音を伝えなければいけません。口で福音を伝えるとともに行いを通しても伝道しましょう。