2013年8月3日土曜日

ヨハン教会の出発と主の御業

◼2013/08/03
◼ヨハン早稲田キリスト教会 土曜礼拝
◼聖書箇所:詩篇37:23−40

★メッセージ

25節 主に従う人は、子孫がパンを乞うのを見ることはありません。
人生には大きな三つの出会いがあります。両親との出会い、配偶者との出会い、そして絶対者なる主との出会いです。良い両親と出会うと人生の前半期は良い人生を送れます。しかい配偶者との出会いは難しく時には悪い配偶者と出会って波乱万丈の人生になってしまう人もいます。お金などの遺産は親からもらえますが、賢い妻は主からいただくものです。
詩篇27:10 ダビデは親からあまり愛されないものでしたが、そのような親から生まれていても主は私を握りしめてくださると言っています。神の手に成功(可能性)がかかっています。イエスキリストと出会わなければ主から与えられるビジョンを持てなかったでしょうし、韓国や中国への宣教のビジョンを持つことなどなかったでしょう。
ヨハン教会は何もないところから始まりました。牧師先生は一ヶ月分の生活費だけ持って日本にやってきて、もともとトイレだった場所を改装して部屋とし住み始めました。それが主の恵みにより、125人以上の先生に出会い、6000人以上の信徒に出会い、45の開拓教会を目の当たりにしました。イエスキリストが育てた12人の弟子は世界中に行って福音を伝えそれが2000年間受けつがれ、何十億人の人々が信仰を持ち救われました。唯一の道であり真理であり命である主イエスキリストにかける人生はどれほど素晴らしいことでしょうか。
使徒言行録13:22 ダビデは私の心にかなうことを行う、これが信仰による勝利の鍵です。私たちはいつも目の前に見える人間的な問題と戦っていますが、信仰で主の力を信じてやってみて体験してみましょう。この世をとるか主の道をとるか人生の決断をはっきりとして下さい。私がいつも自分のことを優先してしまう細かい項目をあげながら、それらをやめて主に仕えられるように祈ってみて下さい。メッセージを通してあらゆる回答が与えられます。