2013年1月31日木曜日

罪を犯したことのない者が石を投げなさい


■2013/01/31
■ヨハン早稲田キリスト教会 BibleStudy
■タイトル: 罪に定める人と赦す人
■聖書: ヨハネ7:53-8:11


問題の解決が答えではありません。
イエスは、もう罪を犯してはならないと女に人生の宿題を出しました。

手術は体を切って悪いものを取り出し縫って元に戻すように、御言葉で罪を明らかにし赦し清くするのが主の働きです。体を切っただけで縫わなければ生きていくことはできません。

イエス様はどんな脅かされる状況においても御言葉を教えるという使命を忘れませんでした。

どの場所でも御言葉によって勝負するように、自分をさす御言葉が他人もさします。
ファリサイ人は形式的であっても週に二回断食し日に三回手をあげて祈っています。宗教的熱心ではあるが、我々よりも熱心です。
神様の前で恐れおののくことが謙遜です。まずは御言葉を自分の内面に向けることです。
メッセンジャーは御言葉を乗り越えないと本当にメッセージが出来ません。その御言葉を自分にもあてはめ悔い改めながら進みます。

姦通の現場なのになぜ女だけが連れられてきたのか。男は連れて来られなかったのか?男がいると強く女を糾弾できません。イエス様をはめるための政治的動機で行いました。正義でなく自分の利益のために行う者も多いです。
姦淫の罪を赦せばモーセの律法を犯すことになり破門され、石打ちを実行すればローマ法の中で罪に問われるでしょう。

イエス様は何を書いたのでしょうか?それは書かれておりませんが、十戒かもしれないし、人々の罪を書いたかもしれません。少なくとも、血気あふれる人々を去らせるほど強い内容であったことは間違いありません。己を知れ、というメッセージでもあるでしょう。


★ハットポイント!
ヨハネ8:7「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」
初めて聖書を読んだとき、この一文は私にとって衝撃的なものでした。女を赦しても裁いても、何らかの罪に問われ糾弾される状況にあるイエス様がおっしゃった一言は、まさに神様から来たものであり、どんな血気盛んな男も対抗することができなかったのです。
また、この言葉を聞いて立ち去った人々も、それなりに素晴らしいと思います。もし、神様を知らない人であったなら、自分は罪なんてないと考えて石を投げ始めたかもしれません。しかし、人々は少なくとも外見は神に対する熱心な信仰を持つものであり、自分が罪人であることは知識としてわかっていたのでしょう。石を投げることができず自分の罪を素直に見つめて立ち去るしかありませんでした。
聖書に登場する形式的な律法学者の姿を見て、彼らを卑下してしまうこともありますが、週に二回断食し日に祈りを三度捧げたような良いところは見習わなければと思います。